パナソニック、手元に置いてテレビ音声を聴き取りやすくできる小型無線スピーカー | RBB TODAY

パナソニック、手元に置いてテレビ音声を聴き取りやすくできる小型無線スピーカー

IT・デジタル その他

「SC-MC10」のワイヤレス送信機とワイヤレススピーカー(ホワイト/ブラック)
  • 「SC-MC10」のワイヤレス送信機とワイヤレススピーカー(ホワイト/ブラック)
  • テレビとのワイヤレス接続のイメージ
  • テーブルにスピーカーを置きテレビ音声を聴き取りやすくするイメージ
 パナソニックは25日、テレビとBluetoothでワイヤレス接続できるコンパクトスピーカー「SC-MC10」を発表した。販売開始は6月14日。価格はオープンで、予想実売価格は15,000円前後。

 同製品は、テレビ視聴者の身近に置くことでテレビ音声を聴き取りやすくできるワイヤレス対応のコンパクトスピーカー。シニア層向けにニュースの声やドラマのセリフなどを聴き取りやすくする、あるいは夜間にテレビ音量を小さくしつつテレビ音声を聴き取りやすくする、などといった利用に対応する。

 ワイヤレス送信機とワイヤレススピーカーで製品構成し、テレビとワイヤレス送信機の接続はイヤホン出力またはディスプレイ出力を使用。ワイヤレス送信機とワイヤレススピーカーはBluetooth2.1+EDRによるワイヤレス接続で、ワイヤレス送信機の正面から約10m以内が捜査範囲となる。

 ワイヤレススピーカーは本体サイズが幅103×高さ41.9×奥行き103mmの円盤形をした小型ボディとなっており、テーブルに置くことが可能。スピーカーは径3.6cm×2のコーン型、実用最大出力は1W×2。高性能デジタル信号処理用DSP(デジタルシグナルプロセッサー)を搭載による「フルデジタルクリアステレオサウンド」を可能とし、音の歪みを抑えた濁りのないサウンドでドラマのセリフやニュースの解説などを聴き取りやすくするという。

 ワイヤレス送信機はACアダプタによる駆動で、本体サイズが幅44×高さ16×奥行き69mm、重さが約22g。ワイヤレススピーカーは単3形乾電池2本での駆動で、本体の重さは約216g(乾電池を含む、乾電池を除き約170g)。本体カラーはホワイト/ブラックの2色を用意する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top