NTT西、クラウド型電力見える化サービス「フレッツ・エコめがね」提供開始 | RBB TODAY

NTT西、クラウド型電力見える化サービス「フレッツ・エコめがね」提供開始

ブロードバンド その他

「フレッツ・エコめがね」サービスイメージ
  • 「フレッツ・エコめがね」サービスイメージ
  • 電力測定センサーの仕様
  • 電力測定センサー
 西日本電信電話(NTT西日本)は22日、家庭における電力“見える化”サービス「フレッツ・エコめがね」を発表した。7月17日から提供を開始する。

 「フレッツ・エコめがね」は、家庭の電力を“見える化”することで、家庭における節電をサポートするクラウド型の電力“見える化”サービス。家庭の分電盤に取り付けた「電力測定センサー」を、インターネットに接続することで、現在利用しているパソコン、スマートフォン、タブレット端末から、消費電力量や電気代を確認できる。

 クラウド型サービスのため、自宅だけでなく勤務先等の外出先からも、パソコン、スマートフォン、タブレット端末で、家庭の消費電力や電気代を確認することが可能。電気代はクラウドサーバ側で計算するため、各電力会社の料金プランや毎月変動する電気料金にも対応可能。またサーバ側で各地域の天気や気温の情報を所持しており、電気代や消費電力量と合わせて閲覧することで、効率的な節電が可能。
<
 サービスを利用している他の世帯(類似電力契約の世帯の平均値)との消費電力量や電気代を比較することもできる。また当月末の電気代の予測値を試算し表示するほか、その他、節電アイデアを紹介したコンテンツを用意している。

 「フレッツ・エコめがね」の利用料金は、初期登録費用2,100円(税込)、月額利用料210円(税込)。また「電力測定センサー」は機器代金が18,375円(税込)の予定。月額451円でレンタル利用することもできる。また取付けをNTT西日本で実施する場合は、工事費・派遣費12,075円(税込)が別途必要。提供エリアは、富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top