シャープ、着脱式HDDで容量増が可能な「AQUOSブルーレイ」……タイムシフト機能も | RBB TODAY

シャープ、着脱式HDDで容量増が可能な「AQUOSブルーレイ」……タイムシフト機能も

IT・デジタル レコーダー

スロットインHDDに対応する3機種
  • スロットインHDDに対応する3機種
  • 「BD-T2100」
  • 「BD-T1100」
  • 「BD-T510」
  • 「BD-T2100」付属のリモコン
  • スロットインHDD「VR-SHD50」
  • 「VR-SHD50」の取り付けイメージ
 シャープは17日、Blu-rayディスクレコーダー「AQUOSブルーレイ」で新たに、着脱式のスロットインHDDで録画容量を追加できる3機種と着脱式スロットインHDD(SHDD)の1機種を発表した。販売開始は5月30日。価格はオープン。

 ラインアップと予想実売価格として、2TBのHDD搭載モデル「BD-T2100」が180,000円前後、1TBのHDD搭載モデル「BD-T1100」が110,000円前後、500GBのSHDD搭載モデル「BD-T510」が90,000円前後。500GBのSHDD「VR-SHD50」が12,000円前後。

 今回発表の3機種は、内蔵HDDに加え、着脱式のSHDDを追加することで500GBの録画容量の増量が可能。外付けHDDをケーブル接続する機種に比べ、配線の手間もなく手軽に容量を追加できるとうたう。また、内蔵HDDに録画した番組を、SHDDに最大約10倍速のダビングができる。

 視聴中の番組を自動で一時的に内蔵HDDへ記録し、見逃したシーンを最大90分までさかのぼって視聴できるタイムシフト機能「ちょっと戻っテレビ」を搭載。リモコンの「前ボタン」と「次ボタン」で見たいシーンを選択し分割画面で表示することが可能となっている。

 地上・BS・110度CSデジタルチューナーを3基搭載し、内蔵HDD・SHDDに3番組の同時録画ができる。また、同社従来機種の「BD-W2000」(2011年 9月発売)に比べ内蔵HDDからBlu-rayディスクへのダビング時間が約20%短縮できる「スピードBDダビング」を搭載する。

 そのほかの特徴として、無線LANアクセスポイント機能「Wi-Fiコネクト」に対応し、液晶テレビ「AQUOS」や「AQUOS PHONE」へワイヤレスで映像伝送ができる。また、放送中の番組を、リアルタイムでホームネットワーク対応機器に送信する「放送番組転送」機能や、予約録画した番組を、USBケーブルで接続したAndroid 4.0搭載端末に転送する「自動転送予約」機能などを利用できる。

 本体サイズは3機種共通で幅430×高さ61×奥行き236mm(突起部を除く)、重さは「BD-T2100」「BD-T1100」が約4.1kg、「BD-T510」が約3.3g。付属品はHDMIケーブル/アンテナケーブル/電源ケーブル(BD-T2100/T1100は3極タイプも同梱)など。

 SHDDの本体サイズは幅80×高さ13×奥行き108mm、重さは約133g。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top