HDMIに対応し、簡単な接続で映像録画が可能なビデオキャプチャーユニット | RBB TODAY

HDMIに対応し、簡単な接続で映像録画が可能なビデオキャプチャーユニット

 サンコーは、デジカメやビデオカメラ、ゲーム機などから出力される映像をリアルタイムで録画できる「HDMI ビデオキャプチャーボックス」(型番:USBHD368)の販売を開始した。価格は15800円。

IT・デジタル 周辺機器
「HDMI ビデオキャプチャーボックス」
  • 「HDMI ビデオキャプチャーボックス」
  • 端子部分
  • 側面
  • HDMIに新たに対応
  • 付属品など
 サンコーは、デジカメデジタルビデオカメラ、ゲーム機などから出力される映像をリアルタイムで録画できる「HDMI ビデオキャプチャーボックス」(型番:USBHD368)の販売を開始した。価格は15,800円。

 同製品はHDMI出力とコンポジット出力に対応する機器と接続して、動画/静止画のキャプチャーが可能。HDMI出力に対応する機器はテレビとケーブル1本で接続可能で、録画した動画はパソコンに保存する。パソコンともUSBケーブル1本で接続できる。

 外付けのボックスタイプを採用することで、パソコンのPCIスロット(TYPE-I/TYPE-II)などの拡張スロットに装着するタイプに比べ、シンプルな接続構成が可能となっている。

 ファイル形式は、動画がVCD/AVI/H264/MPEGなど、静止画がBMP/JPEG/PNG/TIFF。電源はUSB給電で、対応OSはWindows 7/Vista/XP。本体サイズは幅84×高さ28×奥行き140mm、重さは150g。付属品は各種ケーブルなど。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top