ソニー、スーパースローモーション機能を搭載したデジタルビデオカメラ「NXCAM」 | RBB TODAY

ソニー、スーパースローモーション機能を搭載したデジタルビデオカメラ「NXCAM」

IT・デジタル フォトレポート

「NEX-FS700JK」
  • 「NEX-FS700JK」
  • 「NEX-FS700JK」正面
  • 「NEX-FS700JK」側面
  • 「NEX-FS700JK」背面
  • 操作部分と液晶ディスプレイ
  • 市販のレンズ・マットボックスなどを装着したイメージ
 ソニーは2日、「NXCAM」シリーズより、スーパースローモーション機能を搭載したビデオカメラ「NEX-FS700JK」を発表した。販売開始は6月27日。希望小売価格は18-200mm、F3.5-6.3のズームレンズを付属した「NEX-FS700JK」が840,000円、ボディ単品の「NEX-FS700J」が777,000円。

 同製品は、総画素数約1160万画素で、新開発の「4Kスーパー35mm“Exmor”CMOSセンサー」を搭載したデジタルビデオカメラ。フィルムカメラと同等の浅い被写界深度での撮影を可能とする。また、35mmの映像素子を活かし、高感度でノイズの少ない撮影ができるという。

 大きな特徴として、従来機種に搭載していた「スロー&クイックモーション機能」の毎秒最大60フレームでの撮影と比べ、4倍の毎秒最大240フレームでの撮影を可能とする「スーパースローモーション機能」を搭載。撮影した映像を毎秒24フレームで再生することで、最大10倍のスローモーション再生ができる。

 動画撮影に適した、小型で静音性の高い「Eマウントレンズシステム」を採用し、動画撮影中にオートフォーカス/オート露光/手ブレ補正機能を使用することが可能。また、「Eマウントシステム」の特徴である、レンズのマウント面からCMOSセンサーまでの短い距離を活かし、マウントアダプターを利用することでAマウントレンズを装着することも可能としている。

 そのほかの特徴として、日中など明るい環境でも露出を絞ることなく被写界深度の浅い映像を撮影可能とする、新開発の「NDフィルターユニット」を内蔵。また、3G対応のSDI出力を搭載し、本体記録モードと同じフォーマットで外部出力することができる。

 おもな仕様として、解像度1,920×480の3.5型液晶ディスプレイを搭載。動画撮影時の有効画素数は約830万画素、静止画撮影時の有効画素数は16:9で約840万画素、3:2で約710万画素。記録形式は、HD画質ではAVCHD規格Ver 2.0準拠、SD画質ではMPEG-2 PS。圧縮方式はMPEG-4 AVC/H.264。音声はDolby Digital(5.1ch/2ch)、LPCM(2ch)。

 インターフェースはHDMI/ミニD/BNCコネクタ/mini USB/3.5mmステレオミニ/カードスロットなど。本体サイズは幅145×高さ178.5×奥行き235.5mm、重さは1.68kg。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top