Google+のハングアウト、アプリの同時使用に対応……会話しながらゲームやお絵かき、コラボ | RBB TODAY

Google+のハングアウト、アプリの同時使用に対応……会話しながらゲームやお絵かき、コラボ

ブロードバンド ウェブ

現在「アプリ」タブから呼び出せるハングアウトアプリ
  • 現在「アプリ」タブから呼び出せるハングアウトアプリ
  • 「アプリ」タブから、各アプリを呼び出し可能
  • ポーカーで対戦できる「+Aces Hangout」
  • 帽子や眼鏡を顔写真につけ加える「Google Effects」
  • オンラインドローイングツール「+Cacoo」
  • 落書きツール「+Scoot & Doodle」
 グーグルは29日、Google+のビデオチャット機能「ハングアウト」が、アプリを使った同時作業に対応したことを発表した。

 Google+の「ハングアウト」は、ビデオチャット機能に加え、YouTubeの同時視聴、画面の共有、ドキュメントの同時編集などに対応していた。今回、ハングアウトをはじめるとき、上部に「アプリ」タブが表示されていれば、アプリの同時利用が可能になった。

 現在利用可能なのは6種類のアプリで、ポーカーで対戦できる「+Aces Hangout」、雑学IQテストの「+Bravo」、オンラインドローイングツール「+Cacoo」、帽子や眼鏡を顔写真につけ加える「Google Effects」、落書きツール「+Scoot & Doodle」、文書や動画のチェックツール「+SlideShare」となっている。これらツールをGoogle+ハングアウトで利用することで、顔を見ながらのリアルタイムコラボレーションが実現するという。

 ハングアウトアプリは自作することも可能で、アプリへの動線をウェブサイトなどにリンクしていれば、それをクリックしたユーザーがすぐにアプリをハングアウト中に使えるようになる。一度使ったアプリは、「最近」というタブからアクセスできる。

 なお、アプリ機能は順次適用されており、「アプリ」というタブが表示されていない場合は、まだ使用できないとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top