NTTデータ、スマホとテレビ放送をリアルタイム連動できる「ダブルスクリーンサービス」発表 | RBB TODAY

NTTデータ、スマホとテレビ放送をリアルタイム連動できる「ダブルスクリーンサービス」発表

エンタープライズ モバイルBIZ

ダブルスクリーンサービスのイメージ
  • ダブルスクリーンサービスのイメージ
  • ダブルスクリーンサービスの構築例
 NTTデータは28日、放送局などのメディア事業者向けとなる、スマートフォン・タブレット端末を用いてテレビ放送とインターネットのコンテンツの連動を可能にする「ダブルスクリーンサービス」を発表した。2012年度上半期より提供を開始する。

 「ダブルスクリーンサービス」では、スマートフォン・タブレット端末のアプリを通してテレビ番組を撮影、録音すると、そのデータをデータセンターで管理している特徴データと瞬時に照合して番組を特定できる。これにより、番組の関連情報(放送チャンネル、番組名、および放送時間等)やWebサイト・SNSのリンクなどさまざまな情報を、スマートフォン等の端末上に表示するものとなっている。NTTコミュニケーション科学基礎研究所が開発したFingerprint技術を用いているとのこと。

 マスタデータとして登録した特徴データと、スマートフォン・タブレット端末から抽出した探索用特徴データを瞬時に照合します。マスタデータについては、放送波を利用することで、リアルタイムに特徴データを生成することも可能。NTTデータは、これら特徴データの抽出機能および照合機能を提供する。

 リアルタイムでマスタデータを生成することが可能なため、生放送であっても利用することが出来る。また、コンテンツそのもので連動させるため、タイムシフト視聴にも対応できる。またオリジナルコンテンツに対して手を加える必要もないという。今後、通信による遅延の最小化など、ユーザーへの関連情報の提示をさらにタイミングよく行うための工夫も導入していく予定。年度内に20社への導入を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top