「サッポロ黒ラベル」新CMで妻夫木聡と斉藤和義が共演 | RBB TODAY

「サッポロ黒ラベル」新CMで妻夫木聡と斉藤和義が共演

エンタメ その他

「サッポロ生ビール黒ラベル」新CM
  • 「サッポロ生ビール黒ラベル」新CM
  • 「サッポロ生ビール黒ラベル」新CM
 俳優・妻夫木聡がメインキャラクターを務める「サッポロ生ビール黒ラベル」のテレビCM「大人エレベーター」シリーズの第10弾に、シンガーソングライターの斉藤和義が登場する。

 これまで歌舞伎俳優の中村勘三郎、横綱・白鵬、タレントの北野武など錚々たる顔ぶれが出演してきた同CMシリーズ。シリーズ第10弾となる新作は、斉藤を迎えたほのぼのとした内容に仕上がっている。

 味のあるカウンターで語り合う妻夫木と斉藤。斉藤は「大人とは?」との質問に「何かサンマの内臓食える人みたいな…」、「男って?」の問いに「猿なんじゃないっすか?」と答えるなど、CMでも自然体を貫いている。そんななかにも強い意思が感じられる言葉の数々を、妻夫木も深く噛みしめながら聞いていたという。同商品の特設サイトでは、新CMのほか、CMでは語りつくせなかった会話などを収めた未公開映像を公開中だ。

 斉藤は1993年にシングル「僕の見たビートルズはTVの中」でデビュー。以降、「歩いて帰ろう」「歌うたいのバラッド」などの代表曲を生み、音楽ファン、ロックファンのみならずアーティストからも高い支持を集めている。2011年には15枚目のアルバム「45 STONES」、テレビドラマ「家政婦のミタ」主題歌「やさしくなりたい」をリリース。楽曲提供やプロデュースなども積極的に行っている。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top