2012年のタブレット出荷台数は1億台超!?……IDCが予測を上方修正 | RBB TODAY

2012年のタブレット出荷台数は1億台超!?……IDCが予測を上方修正

IT・デジタル モバイル

IDCが発表したタブレットのプラットフォーム別シェアの推移実績と予測
  • IDCが発表したタブレットのプラットフォーム別シェアの推移実績と予測
  • iPad 2
  • Kindle Fire
 調査会社の米IDCは世界のタブレット出荷台数の実績と予測について発表した。これまで2012年のタブレット出荷台数は8770万台と予測していたが、2011年第4四半期の好調な販売から予測を上方修正し、1億610万台とした。

 2011年の第4四半期は、全メーカー合計で2820万台で、前年同期の155%増となった。そのうちの56.1%に当たる1540万台をAppleが占め、改めてその人気を裏付けた。シェア2位はKindle fireを発売したAmazonで、シェアは16.8%。Kindle fireは低価格で爆発的な人気を得たが、出荷台数は470万台とiPadを脅かすまでには至っていない。シェア3位はサムソンで5.8%となっている。

 こうした好調なタブレット販売についてIDCでは、Kindle fireが発売されたことによりタブレット全体への注目が高まったと分析している。また、2011年のタブレット出荷台数を8770万台から1億台の大台を超える1億610万台と上方修正した。

 プラットフォーム別のシェアでは、現在はiOSが過半数を占めているものの、Kindle fireを含むAndroid勢が急速に増加している。2015年にiOSはAndroidに抜かれるとの予測だが、Androidが数多くのメーカーで構成されているのに対してiOSはアップル1社しか無い。そのため、iOSのシェアがAndroidより低くなった後も、アップルが市場で支配的な立場にあることは変わりない見込みだ。また、iOSデバイスは高価なため、台数ベースでなく金額ベースで見れば2016年以降もiOSがシェアトップを維持する見込み。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top