NEC、住友生命の営業端末としてLTE対応のスレートPC40,000台を納入 | RBB TODAY

NEC、住友生命の営業端末としてLTE対応のスレートPC40,000台を納入

エンタープライズ モバイルBIZ

新端末イメージ
  • 新端末イメージ
  • 付属の外付けキーボードを用いた場合
  • 住友生命のブランドビジョン
 NECは13日、住友生命保険相互(住友生命)における営業職員用の新携帯端末として、40,000台の専用スレートPCを納入すると発表した。住友生命では、7月から全国約3万人の営業職員が同スレートPCの利用を開始する。

 新端末は、斜めや横からも見やすい、視野角約80度の12.1型液晶を採用。ペン入力に適した抵抗膜方式のタッチパネルを搭載し、付属のペンや指で、ドラッグ、クリックなどの操作が可能。画面の回転や拡大・縮小もボタン1つででき、一緒に画面を見ながらの説明など、営業職員が顧客にコンサルティングしやすい機能を搭載。大容量バッテリを搭載し、駆動時間は約8時間。最薄部約9.8mm、重さ約945gの薄型軽量設計。USB接続の専用外付け軽量キーボードや、専用のスタンド機能付きキャリングケースも用意されている。

 さらに、生保業界初となるLTE機能に対応。NTTドコモのXiサービスが利用でき、Xiエリア内であれば、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの高速通信が可能。また、2系統のアンテナから電波状況の優れたアンテナの信号を優先的に用いる「ダイバシティ方式」のアンテナを採用し、安定した通信環境を実現している。

 セキュリティ面では、新端末内に顧客データを保存しない仕組みにするほか、営業職員一人一人が端末認証用USBキーを所有し、新端末にそのUSBキーを装着した上でID・パスワードを入力しないとシステムが利用できない仕組みとなっている。

 住友生命は、「あなたの未来を強くする」という企業メッセージを柱とした新しいコーポレートブランドを展開しており、顧客へのコンサルティングの充実を図ると共に、持ち運びなど利便性向上を目指し、既存資産の有効活用も可能なWindowsベースのスレートPCを採用するに至ったとのこと。

 尚、NECは、この住友生命向け専用スレートPCを汎用化したモデルを、「VersaProシリーズ」として販売する予定。また今後、様々なニーズに対応可能なスレートPCを開発・製品化を進め、顧客企業の業務改革に貢献していくとしている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top