IIJグループとチャイナテレコム、中国向けにクラウドを共同展開 | RBB TODAY

IIJグループとチャイナテレコム、中国向けにクラウドを共同展開

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「チャイナテレコム」サイト(画像)
  • 「チャイナテレコム」サイト(画像)
  • 「IIJ」サイト(画像)
 インターネットイニシアティブ(IIJ)と100%子会社であるIIJグローバルソリューションズは12日、中国国内におけるクラウドサービスの提供に向けて、中国電信(チャイナテレコム)と戦略提携することで基本合意したことを発表した。

 IIJグループとチャイナテレコムは、2012年夏を目処に、IaaSを中心としたクラウドサービスを共同で開発、提供していく。具体的には、チャイナテレコムがデータセンターやネットワークなどのインフラを提供し、それを利用してIIJグループがサービス基盤の構築と運用を行う。なお日系企業への販売、導入支援は、IIJグローバルの上海現地法人である艾杰(上海)通信技術有限公司(IIJ Global Solutions China Inc.)が行う予定。

 IIJはクラウドサービスの原型となるリソースオンデマンド型のサービスを2000年から提供しており、2009年からは「IIJ GIO(ジオ)サービス」としてIaaSからSaaSまであらゆるレイヤーでのクラウドサービスを展開している。さらに2011年度から、クラウドサービスを中心とした海外への事業展開を強化しており、アジアにおいては特に中国を最重要マーケットと捉え、中国国内でのサービス展開の準備を進めてきたという。

 一方チャイナテレコムは、中国最大の通信キャリアとして幅広いネットワークを持っており、電話回線からインターネット接続、モバイルサービスまで多数のサービスを展開している。中国各地にデータセンターも複数展開している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top