富士通、PCサーバ「PRIMERGY」の新2WAYタイプ4モデルを発売……最新CPU「インテル Xeon E5ファミリー」搭載 | RBB TODAY

富士通、PCサーバ「PRIMERGY」の新2WAYタイプ4モデルを発売……最新CPU「インテル Xeon E5ファミリー」搭載

エンタープライズ ハードウェア

「PRIMERGY RX200 S7」
  • 「PRIMERGY RX200 S7」
  • 「PRIMERGY RX300 S7」
  • 「PRIMERGY RX350 S7」
  • 「PRIMERGY TX300 S7」
 富士通は7日、インテルの最新CPU「インテル Xeon E5ファミリー」を搭載した2WAYサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」4モデルの販売を開始した。提供開始時期は3月中旬となる見込み。

 新たにラインナップされたのは、2WAY 1Uラック型サーバ「PRIMERGY RX200 S7」、2WAY 2Uラック型サーバ「PRIMERGY RX300 S7」、2WAY 4Uラック型サーバ「PRIMERGY RX350 S7」、2WAYタワー型サーバ「PRIMERGY TX300 S7」の4モデル。

 これら4モデルは、最新CPU「インテル Xeon E5ファミリー」を搭載。2コア~8コアまで幅広いCPUラインナップを揃えており、低消費電力CPU「インテル Xeon プロセッサー E5-2630L/2640L」も選択可能。

 拡大する仮想化システムへの対応を踏まえ、メモリを24枚実装可能で、最大384GBまで拡張でき、また、高速メモリ「DDR3 1600 Registered DIMM(PC3-12800)」を採用している。さらに、訂正可能な異常が発生した場合に、同一メモリチャネルの中で予約したメモリランクをスペアメモリとして用いる「ランクスペアリングモード」をサポート。同機能により、従来モデルにおけるスペアメモリ機能と比較し、より多くのメモリ容量がシステムメモリとして利用可能になったという。

 そのほか、「PRIMERGY RX200 S7」のオプションとして、実証したデータセンター向けに提供するサーバ内蔵型バッテリー装置を提供。サーバごとにバッテリーを持てるため、データセンターにおける電力の供給瞬断への対策が可能になり、大型UPSなど専用ファシリティが不要となった。

 バッテリーは「PRIMERGY RX200 S7」の筐体内に内蔵することができるため、従来に比べ設置効率を2倍に高めることができるとしている。なお、同装置は、ユーザーごとの電源管理方式に応じた提供を行うために、各サーバ設置環境や要件に基づき適用効果を確認の上、個別に提供するオプションとのこと。

 希望小売価格は、「PRIMERGY RX200 S7」が29万3,900円。「PRIMERGY RX300 S7」が33万5,900円。「PRIMERGY RX350 S7」が38万900円。「PRIMERGY TX300 S7」が32万900円となっている。
 
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top