主婦のストレス、「身近な家族」が原因上位に……その意外な「解消法」とは? | RBB TODAY

主婦のストレス、「身近な家族」が原因上位に……その意外な「解消法」とは?

エンタメ 調査

ストレスを感じる対象
  • ストレスを感じる対象
  • ストレスを感じる頻度
  • ストレスを感じた時にやってしまう行動
  • 「柔軟剤の香り」がストレス軽減に役立つ
  • 「洗濯」と「料理」「カラオケ」の比較
  • 衣料用柔軟仕上げ剤『香りとデオドラントのソフラン』
 ライオンの「ソフラン バイバイ!ママストレスプロジェクト」は5日、20~40代の主婦に対して実施した「ストレス実態調査」の結果を発表した。同調査は、衣料用柔軟仕上げ剤『香りとデオドラントのソフラン』の抗菌力を向上させて改良新発売するにあたリ行ったもの。

 調査時期は2012年2月で、日本在住の子供をもつ20~40代主婦400名から回答を得た。まず、「ストレスを感じる頻度」について尋ねたところ、「ほぼ毎日(29%)」がもっとも多く、「週に3~4日」以上感じている人は約6割を占めるなど、主婦は日常的にストレスを感じていることが判明した。そして、ストレスを感じる対象としては「夫(61%)」がもっとも高く、次いで「子供(58%)」が高い数値を見せた。「夫の両親(35%)」「近所付き合い(21%)」などよりも、身近な家族に対してストレスを感じている実態が明らかとなった。

 ストレスを感じたときにやってしまう行動としては、「間食が増える(47%)」がもっとも多く、僅差で「子供にあたる(46%)」が続き、「家族や友人にグチっぽくなる(34%)」「夫にあたる(33%)」などが上位となっている。

 そして「柔軟剤の香り」がストレス軽減に役立つと考える主婦が約6割を占めることも調査で明らかとなった。ストレス解消の手段として、「気に入った香りの柔軟剤を使って洗濯する」が、「料理を作る」「カラオケに行く」よりも手軽にできると感じる主婦が多く、日常で感じるストレスに対して、「柔軟剤の香り」がその軽減に貢献している様子が浮き彫りになった。家事をしながらも“香り”を採り入れることで可能な、意外なストレス解消法と言えるだろう。

 ライオンでは、発売から今年で8年目を迎え、新たに改良された『香りとデオドラントのソフラン』を3月7日より販売。好みや気分に合わせて選べる「フローラルアロマ」「ブルーローズアロマ」「フレッシュフルーツアロマ」「アロマソープ」という、印象が大きく異なる4つの香りを品揃えしたとのこと。日々の家事のストレスを投稿した人の中から30名に総額300万円相当の楽天スーパーポイントをプレゼントする「バイバイ!ママストレスキャンペーン」も5日より実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top