TDK子会社、大容量蓄電池の充電専用標準電源を開発 | RBB TODAY

TDK子会社、大容量蓄電池の充電専用標準電源を開発

エンタープライズ ハードウェア
EVAシリーズ
  • EVAシリーズ
TDKのグループ会社であるTDKラムダは、大容量蓄電池の充電専用標準電源『EVAシリーズ』を開発した。

EVAシリーズは、100kWhを越える業務用の大容量蓄電池システムに必要な100〜600VDCの充電電圧に対応する最大出力2.4kWの装置組み込み専用のAC-DC電源。リチウムイオン電池をはじめ、幅広い蓄電池の充電に対応する。

プログラマブルな可変電圧・可変電流機能を搭載しており、幅広い仕様の蓄電池システムに対応する。また、シリアル通信機能も標準装備し、外部機器からの設定・変更が可能。並列運転が可能でマスタースレーブ運転は4台まで対応する。

150/300/600VDCの3機種をラインアップする。4月末から300VDCの受注を開始し、その他の機種も順次受注を開始する。

スマートグリッドや電気自動車、プラグインハイブリッド車など、大容量の蓄電池を使ったシステムやアプリケーションが増えている。加えて、原子力発電の停止に伴う電力不足の懸念から、蓄電池を使った非常用電源の需要も高まっているが、こうした状況を背景に同社は大容量蓄電池向けの充電専用標準電源EVAシリーズを開発し、ニーズに対応していく。
《編集部@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top