故ダイアナ元妃の生涯を描いた映画製作に向け始動 | RBB TODAY

故ダイアナ元妃の生涯を描いた映画製作に向け始動

エンタメ 映画・ドラマ
ダイアナ元妃
  • ダイアナ元妃
 英ダイアナ元皇太子妃の生涯を描いた映画が制作されるようだ。1997年8月の自動車事故で悲劇の死を遂げたダイアナ元妃だが、元妃のボディーガードを務めていたケン・ウォーフの著書『ダイアナ:王室警護官が見た「英国のバラ」の秘密』の映画化作品で、彼女を演じるハリウッド女優を映画プロデューサーのスティーヴン・エヴァンスが探している。

 サンデー・ミラー紙にスティーヴンは「ダイアナ元妃がヘンリー王子を産んだ後、彼が2歳の頃から約11年間の元妃の人生を取り上げたもので、部分的に、彼女の警護官の視点から描かれます」「この作品で重要な点は、信憑性であり、彼女が経験したことを見つけることです。ダイアナの熱狂的ファンではないかぎり、観客が知らないことがたくさん出てきますよ」「この映画は、ダイアナが驚くほど素晴らしいとか、悩みの種であるなどと伝えるものではありません。観客自身が自分の観点を持つことが出来るものです」「彼女は素晴らしい資質、間違いなく目を見張るような資質や、驚異的なカリスマ性を持っていたと思います。それから、彼女はとてもジョークを言うのが上手かったんですよ...非常にウィットに富んで、頭の切れる人でしたね」「ダイアナは悩みの種で、致命的だったのです。友情を利用し、友情を捨てたんです」と同映画制作について語った。

 今作がメリル・ストリープがマーガレット・サッチャー元英首相を演じた『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の成功に続くことを願っているというスティーヴンだが、『マーガレット~』は「素晴らしく」ないと続けた。「メリル・ストリープの演技は、私が見てきた中でも最高のものです」「この映画自体は素晴らしいものではありませんが、マーガレット・サッチャーを見ていると信じてしまうのです。傑作ですよ」

 キーラ・ナイトレイとスカーレット・ヨハンソンが『ダイアナ』という本作のダイアナ元妃役候補に名前が挙がっている一方、元妃が秘密にしていた実際の浮気を描くことになるもう1つの映画『コート・イン・フライト』では、ジェシカ・チャスティンがダイアナ元妃役を演じるという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top