最大500倍の拡大撮影対応、2.7型液晶搭載デジカメ感覚のデジタル顕微鏡 | RBB TODAY

最大500倍の拡大撮影対応、2.7型液晶搭載デジカメ感覚のデジタル顕微鏡

IT・デジタル フォトレポート
「400-CAM010」の本体と利用イメージ
  • 「400-CAM010」の本体と利用イメージ
  • 本体
  • 2.7型液晶ディスプレイで顕微鏡での撮影を表示するイメージ
  • カメラレンズ部に装備するLEDライト
  • 乾電池で駆動するイメージ
 サンワサプライは25日、同社直販サイト「サンワダイレクト」にて、携帯式で最大500倍に拡大できるデジタル顕微鏡(マイクロスコープ)「400-CAM010」を販売開始した。価格は9,980円。

 「400-CAM010」は本体サイズ/重さが幅115×高さ30×奥行き68mm/136gという手のひらサイズのボディに、カメラ機能と2.7型液晶ディスプレイを搭載したデジタル顕微鏡。500万画素CMOSセンサーと光学ズーム10/17倍とデジタルズーム最大30倍に対応するレンズを装備。光学ズームとデジタルズームを組み合わせて最大500倍の拡大画像と映像を撮影できる。

 カメラ部の周囲に4つのLEDライトを装備し、暗部での撮影にも対応。LEDライトの明るさ切り替えや静止画/動画の撮影モード切り替え、プレビュー表示などの操作用ボタンを搭載。レンズにフォーカスリングを備える。バッテリは単4形乾電池4本で、バッテリの連続駆動時間はLEDライト点灯時で最大90分。

 記録メディアはSD/SDHCカードで、USB接続によりパソコンへのデータ転送に対応。記録形式は、静止画がJPEGで動画がAVI(Motion-JPEG)。付属品はUSBケーブル/携帯用ケースのほか静止画・動画の管理ソフトなど。

《加藤》

関連ニュース

特集

page top