ソニー、手回し充電で駆動する携帯ラジオ……携帯電話・スマホの充電も可 | RBB TODAY

ソニー、手回し充電で駆動する携帯ラジオ……携帯電話・スマホの充電も可

 ソニーは19日、手回し充電で駆動し、スマートフォンや携帯電話の充電も可能なポータブルFM/AMラジオ「ICF-B03」を発表した。販売開始は2月10日。価格はオープンで、予想実売価格は6000円前後。

IT・デジタル スマートフォン
「ICF-B03」
  • 「ICF-B03」
  • 3色バリエーション
  • 手回しハンドルを回転させて充電するイメージ
  • 携帯電話/スマートフォンの充電アダプタ
  • 懐中電灯として使えるLEDスポットライト
  • 懐中電灯として使えるLEDソフトライト
 ソニーは19日、手回し充電で駆動し、スマートフォン携帯電話充電も可能なポータブルFM/AMラジオ「ICF-B03」を発表した。販売開始は2月10日。価格はオープンで、予想実売価格は6,000円前後。

 本体カラーはホワイト/オレンジ/シルバーの3色をラインアップ。ソニーストアでも取り扱い、価格は5,980円。

 「ICF-B03」は、本体サイズが幅130×高さ77×奥行き52mm、重さが285gの小型軽量ボディで持ち運びが容易なポータブルFM/AMラジオ。単4形乾電池(2本)のほか内蔵充電池でも駆動し、内蔵充電池は手回しハンドルを回転させて充電することが可能。乾電池切れになった場合でも利用できる。

 2種類のLEDライトを装備しており、懐中電灯としても利用が可能。携帯電話用とスマートフォン用の充電プラグアダプタを付属しており、携帯電話やスマートフォンを充電することもできる。ただし、iPhoneや一部の携帯電話/スマートフォンには非対応。

 手回しで1分間(約120回転相当)の充電を行なった場合の使用時間の目安は、ラジオが約60分、ライトが約15分。携帯電話の使用は、連続待ち受けが約90分、連続通話が約3分。スマートフォンでは、連続待ち受けが約30分、連続通話が約3分となる。スピーカー径は3.6cm。手回しハンドルは本体に収納可能。少量の雨や水しぶきから本体を守る防滴仕様となっている。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top