KDDI、端末からグループウェアへリモートアクセス可能なサービス | RBB TODAY

KDDI、端末からグループウェアへリモートアクセス可能なサービス

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

システム概要
  • システム概要
  • 会社に届いているメールを外出先から確認することができます
  • メールに添付されているドキュメントを閲覧
 KDDIは22日、auケータイやスマートフォン、タブレットから企業内グループウェアへリモートアクセス可能な「KDDI Remote Sync by moconavi」の提供を開始する。

「KDDI Remote Sync by moconavi」は、企業内のグループウェアに接続し、外出先でも企業ドメインのEメール送受信やスケジュール確認・更新が可能なサービス。リモートアクセスの通信はSSLによって暗号化される。

 1ユーザーIDで2つのデバイス (最大2台) まで利用可能となっており、対象となるグループウェアは、MicroSoft Exchange2003/2007/2010、IBM Lotus Notes/Domino 6.5/7/8/8.5、Microsoft Business Productivity Online Suite (BPOS)、Microsoft Office 365、サイボウズ Office 8 (2012年1月対応予定)、サイボウズ ガルーン3 (2012年1月対応予定)、対象メールサーバーはPOP3/IMAP4サーバー。料金は基本料金が月額26,250円、ユーザーID使用料が月額525円/ID。対応機種はauのAndroid搭載スマートフォン、タブレット、BREW搭載のauケータイとなっている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top