グリーとKDDI、損害賠償金10億5000万円超をDeNAに請求 | RBB TODAY

グリーとKDDI、損害賠償金10億5000万円超をDeNAに請求

エンタープライズ 企業

排除措置命令が下された件の概要説明(6月9日)
  • 排除措置命令が下された件の概要説明(6月9日)
  • 排除措置命令書の一部(6月9日)
  • 公正取引委員会による説明文(6月9日)
 グリーとKDDIは21日、東京地方裁判所において、ディー・エヌ・エー(DeNA)に対し共同で訴訟を提起したことを公表した。不法行為に基づく損害賠償請求として、金10億5000万円以上(グリー:9億円、KDDI:1億5000万円)を訴求する。

 グリーとDeNAは、ソーシャルサイト「GREE」と「Mobage」(旧称モバゲータウン)を巡り、競合関係にある。今年6月9日には、公正取引委員会がDeNAに対し、同社の行為が不公正な取引方法に該当し、独占禁止法に違反するものとして、排除措置命令を下している。この排除措置命令では、DeNAが、特定のソーシャルゲーム提供事業者に対し、「GREE」を通じたソーシャルゲームの提供を妨害したという独占禁止法違反行為が認定されている。その後グリーは、対応を慎重に検討していたが、株主や他事業者への影響などを考えた結果、今回の賠償請求訴訟に踏み切ったという。

 同社は、「DeNAは、昨年12月、上記違法行為を取りやめる方針を示しながら、その一方で、それ以後もMobageでゲームを提供しているソーシャルゲーム提供事業者がGREEでもゲームを提供しようとすると、これを妨害している」と推察している。なおKDDIは「au one GREE」を共同提供しており、「健全な競争環境確保の趣旨等」に賛同し、共同原告として本訴訟に参加したとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top