Google、米国で音楽配信サービスを開始 | RBB TODAY

Google、米国で音楽配信サービスを開始

エンタメ 音楽

Google Music
  • Google Music
  • Google Music
 Google(グーグル)は16日(現地時間)、米国内で音楽配信サービスを開始した。米ユニバーサル・ミュージックとソニー・ミュージックエンタテインメント、そして英EMIの3社と、インディーズのレコード会社が参画し、およそ1300万の楽曲をAndroid Marketで配信提供する。ワーナー・ミュージック・グループは現時点では名を連ねていない。米国外での実施も未定だ。

1曲当たりの価格は0.99ドルから1.29ドルで、入手した楽曲はソーシャルサービスの「Google+」で共有することも可能。Googleでは、5月より「Google Music」としてクラウド活用の音楽の管理・再生サービスをテスト運用していたが、今回より有料による配信も含めたサービスを開始する。

 一方Apple(アップル)は、14日にiTunes10.5.1のアップデートを行い、PC/Macのローカルに保存される楽曲でiTunes Storeのリストに存在するものクラウド上で管理し、ダウンロードできる「iTunes Match」に対応させた。

 AppleのiTunes StoreやAmazonなどの購入配信、Pandraなどのストリーミング再生サービスなど主要なプレイヤーに加えて、今回のGoogleの参入により北米の音楽サービスは大きな変革期を迎えることになりそうだ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top