銀座ソニービルに巨大なXmasイルミネーションが登場……AR技術や顔認識を駆使した演出も | RBB TODAY

銀座ソニービルに巨大なXmasイルミネーションが登場……AR技術や顔認識を駆使した演出も

ブロードバンド その他

クリスマスイルミネーション「Dream Xmas 2011」のイメージ
  • クリスマスイルミネーション「Dream Xmas 2011」のイメージ
  • 第44回「愛の泉」募金イベントの概要
 東京・銀座ソニービルでは、4万球のLEDを使用したクリスマスオブジェやソニーのAR技術“SmartAR”と音と映像を合わせて演出するクリスマスイルミネーション「Dream Xmas 2011」を展示する。イルミネーションの開催期間は11月30日~12月25日。

 ソニービル屋外のイベントスペース「ソニースクエア」に、白・青・緑の4万球のLEDを使用したクリスマスオブジェを配置。また、同場所に設置する大画面ビジョンでは、ソニーの“SmartAR”が体験できる。“SmartAR”と顔認識技術により、クリスマスの雰囲気を楽しめる雪やさまざまな形のオーナメントが、画面のなかの自分に降り注ぎ、頭に触れるとオーナメントが光を放って弾けていく演出となっている。<Dream Xmas 2011>というロゴのスペシャルオーナメントに触れた際には、「ソニースクエア」のオブジェと連動し、オブジェのイルミネーションが変化する。16時より毎時00分に上映される「スペシャル演出」では、“SmartAR”と音と映像を融合し、現実世界と仮想空間が入り混じった幻想的な約60秒のコンテンツも配信される。

 また「Dream Xmas 2011」と同期間中に、ソニーグループのチャリティ・プログラム「第44回愛の泉」も実施。ソニービル屋外のイベントスペース「ソニースクエア」の募金箱に募金を行うと、募金箱に設置されたLEDの光の演出を見ることができる。生トロ、モモ妹が登場するイベントも予定されているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top