米HP、Windowsタブレット「HP Slate 2」とFusion APU搭載の11.6型モバイル「HP 3115m」を発表 | RBB TODAY

米HP、Windowsタブレット「HP Slate 2」とFusion APU搭載の11.6型モバイル「HP 3115m」を発表

 米ヒューレット・パッカード(HP)は現地時間3日、ビジネス向けタブレットPCの新機種「HP Slate 2」の2モデルと、11.6型モバイルノートPC「HP 3115m」を発表した。

IT・デジタル ノートPC
「HP Slate 2」
  • 「HP Slate 2」
  • 「HP 3115m」
 米ヒューレット・パッカード(HP)は現地時間3日、ビジネス向けタブレットPCの新機種「HP Slate 2」の2モデルと、11.6型モバイルノートPC「HP 3115m」を発表した。販売開始/予想実売価格として、「HP Slate 2」が11月中/32GBモデルが699ドル、64GBモデルが799ドル、「HP 3115m」が11月11日にアメリカ国内のみ販売/429ドル。

 タブレットPC「HP Slate 2」は、8.9型のWSVGAタッチスクリーンを搭載し、OSはWindows 7。指先やタッチペンによる入力操作ができる、新たなソフトキーボード「Swype」を搭載した。また本体にはVGAカメラ、3メガピクセルのカメラも備える。

 CPUはAtom Z670(1.5GHz)、インターフェースはHDMI/USB2.0×2など、ワイヤレスは802.11a/b/g/n、本体サイズは幅234×高さ15×奥行き150mm。重さは690g。

 「HP 3115m」は、11.6型液晶(LEDバックライト)を搭載したモバイルノートPC。CPUはAMDのグラフィックス統合型Fusion APUを採用し、Radeon HD 6320グラフィックスを統合したデュアルコアの E450(1.65GHz)を搭載した。バッテリの連続駆動時間は最大11.5時間。
《熊谷》

関連ニュース

特集

page top