富士フイルム、1,600万画素・光学5倍ズームで実売13,000円前後のコンパクトデジカメ | RBB TODAY

富士フイルム、1,600万画素・光学5倍ズームで実売13,000円前後のコンパクトデジカメ

IT・デジタル デジカメ

「FinePix JX420」シルバー
  • 「FinePix JX420」シルバー
  • レッド
  • ピンク
  • ブラック
  • 背面の液晶
 富士フイルムは、コンパクトデジタルカメラ「FinePix」の新製品として、1,600万画素/光学5倍ズームの「FinePix JX420」を発表した。販売開始は11月2日。価格はオープンで、予想実売価格は13,000円前後。

 「FinePix JX420」は、有効画素数1,600万画素で1/2.3型CCDを搭載したモデル。35mm判換算で28mmからのフジノン光学式5倍ズームレンズを装備。被写体ブレや手ブレを軽減する「電子手ブレ補正」機能を備える。

 「人物」「風景」「夜景」「マクロ」「逆光&人物」「夜景&人物」という6種類の撮影シーンを自動認識して撮影設定を最適化する自動シーン認識機能「シーンぴったりナビ」を搭載。人物撮影時には顔検出機能「顔キレイナビ」と組み合わせた「Wナビ」で撮影可能。シャッターボタンを押してカメラを横方向に動かすことで最大3枚の画像を撮影し、パノラマ写真に自動で合成する「ぐるっとパノラマ」に対応する。

 そのほかの特長として、撮影画像をグルーピングし、液晶画面上で電子フォトアルバムのように表示する「電子フォトアルバム機能」(フォトブックアシスト)を装備。解像度1,280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影にも対応。撮影画像にはYouTubeやmixi、FACEBOOKなどのSNSサイトへのアップロードを予約することができ、同梱ソフト「MyFinePix Studio」をインストールしたPCに接続することで、手軽にアップロードが行なえる。

 おもな仕様として、1/2.3型正方画素CCD原色フィルター/焦点距離5~25mm(35mm判換算28~140mm相当)。記録メディアはSD/SDHCカードに対応。ディスプレイは2.7型液晶。保存形式は静止画がJPEG、動画がAVI Motion JPEG。インターフェースはNTSC/PAL方式(モノラル音声付き)、USB2.0。バッテリはリチウムイオン充電池。本体サイズは幅95.2×高さ57.2×奥行き24.3mm(最薄部19.5mm)、重さは約124g(バッテリ/メモリカード含む)。本体カラーはブラック/レッド/ピンク/シルバーの4色を用意。付属品は充電式バッテリ/ACアダプタ/ストラップ/専用USBケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top