【地震】東電、循環注水冷却への取り組みを説明した動画を公開 | RBB TODAY

【地震】東電、循環注水冷却への取り組みを説明した動画を公開

ブロードバンド ウェブ

第二セシウム吸着装置(設置状況)
  • 第二セシウム吸着装置(設置状況)
  • ホース設置状況(タービン建屋~集中廃棄物処理施設)
 東京電力は、福島第一原子力発電している現場からの報告と、放射性滞留水の回収・処理の取り組みについての動画を公開した。

 現在東京電力では、原子炉の冷温停止状態に向けた対策として、建屋に滞留する汚染水(滞留水)を浄化し、原子炉注水のために利用する「循環注水冷却」の確率を計画している。

 この浄化システムは、「放射性物質の除去」と「海水の淡水化」で構成されており、滞留水移送のホース設置や油分分離装置、セシウム吸着装置(第一・第二)、除戦装置、淡水化装置などの設置状況が説明されている。


■現場からの報告


■水処理システムの現状と将来
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top