MetaMoji、デジタルメモアプリ「7notes」のAndroid版を販売開始……手書き入力「mazec」搭載 | RBB TODAY

MetaMoji、デジタルメモアプリ「7notes」のAndroid版を販売開始……手書き入力「mazec」搭載

エンタープライズ モバイルBIZ

「7notes with mazec(J)for Android」画面
  • 「7notes with mazec(J)for Android」画面
  • 自由なタイミングで手書き入力が可能
  • 「7notes with mazec」アイコン
 MetaMoJiは21日、手書きIMEを搭載したAndroidスマートフォン用の手書きメモアプリ「7notes with mazec(J)for Android」の販売を開始した。価格は980円(税込)。製品版と同一機能の無料体験版も公開されている(手書き文字認識変換機能のみ10日間の試用)。

 「7notes with mazec(J)for Android」は、3つの入力方法(交ぜ書き変換・書き流し・ソフトキーボード)、8色4種類の太さのペン(書き流し入力時)、あらかじめ書かれた手書き文字の「後から変換」などに対応したメモアプリ。フォントやフォントサイズ等の細かな書式設定、手書き/フォント文字の混在ドキュメントの作成にも対応する。

 ひらがな漢字交じり入力もできる、手書き文字認識システム「mazec」を搭載。iOS版mazecは7notes内でのみ利用可能だったが、Android版mazecは、手書きIMEとして動作するため、eメールやブラウザ、その他多くのアプリケーションで手書き日本語入力が可能となる。マッシュルームにも対応しており、アプリとの連携も可能。

 手書きメモアプリ7notesとmazecを使うことで、iPad/iPhone版7notesでもっとも人気の高かった機能「後から変換」を使うこともできる。「後から変換」は、いったん手書き文字のまま入力された文書を、好きなタイミングでテキスト文字に「後から変換」できる機能。手書き文字をそのままメールやTwitter、Facebookにポストすることも可能となっている。アプリはAndroidマーケットからダウンロード可能。Android2.1以降に対応する(Android3.xを含む)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top