批判浴びた「カレログ」、本人登録制、無料化して再リリースを発表 | RBB TODAY

批判浴びた「カレログ」、本人登録制、無料化して再リリースを発表

エンタメ その他

「カレログ」HPに掲載されたお知らせ。端末所有者本人登録制などを採用し、10月11日にリリースする
  • 「カレログ」HPに掲載されたお知らせ。端末所有者本人登録制などを採用し、10月11日にリリースする
  • 「カレログ」HP
 GPS機能を用いて本人に内緒で所在地を確認できると謳って批判を浴びたAndroidアプリ「カレログ」が改善策を公表。端末ユーザー本人による登録や無料化などを明らかにした。

 改善アプリは「カレログ2」として別アプリとして10月11日にリリースされる。「カレログ2」は、端末所持者本人がまずサービス利用の契約をし、情報共有をする家族やパートナーに閲覧をするためのIDとパスワードを端末所有者本人から教えてもらうシステムになる。端末所有者本人が登録するようにしたことで、同意がないままの利用を排除しようということだ。

 また、これまでの利用期間のチケット購入システムを廃止し、完全に無料で提供する。無料期間後の既存サービス申し込みをしているユーザーには返金処理も行う。

 この「カレログ2」は「カレログ」とは別アプリとしてリリースされるため、11日以降は「カレログ」のサービス提供されなくなる。そのため、カレログでは「旧バージョンの削除、新バージョンのインストールをお願いいたします」と呼びかけている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top