【レビュー】SNPのハイブリッド型LED照明スタンド | RBB TODAY

【レビュー】SNPのハイブリッド型LED照明スタンド

IT・デジタル フォトレポート

SL-380シリーズ
  • SL-380シリーズ
  • SL-380シリーズ
  • 明るさ最小
  • 明るさ最大
  • 明るさ最小
  • 明るさ最大
  • 明るさ最小
  • 明るさ最大
 エスエンピーネットの「SL-380シリーズ」は、AC電源とバッテリーの両方使えるハイブリッド型LED照明スタンドだ。

 ACアダプタ使用(通常)時には、点灯/消灯に、タッチスイッチが利用できたり、ダイヤル式の調光が行えるなど、便利な機能が使用できる。消費電力は、最低2W(200Lux)~最大9W(1000Lux)と周囲の環境に応じた照度に設定することで、十分な明かりを確保しつつ、省エネも実現できる。

 バッテリー使用(非常)時には、2200mAhの容量を持つリチウムイオンバッテリーによって、6W(約200Lux)の明るさで約5時間使用する事が可能。バッテリーを満充電するには、約20時間ほど必要だが、ACアダプタに接続しているだけで充電されるので、充電時間は苦にならないだろう。非常電源のスイッチを入れておくだけで、停電(ACアダプタからの電源供給がなくなった)時に、自動で非常照明に切り替わる。

 本体カラーは、シックなブラックと明るさが映えるホワイトの2色が用意されている。スタンドのアームは、左右180°、上下160°、高さ45°のフレキシブルな角度調整が可能。使い方に応じた角度調整が自由に行えるのは大変便利だ。

 直販価格で8,980円と一般的な蛍光灯の電気スタンドよりもやや高価だが、省エネのLEDライトと言う事と、停電時にバッテリー駆動が可能と言う事を考慮すると、妥当な価格だろう。(iPodStyle 戸津)
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top