NEC、「北海道データセンター」設置……地域密着型でクラウド提供環境を強化 | RBB TODAY

NEC、「北海道データセンター」設置……地域密着型でクラウド提供環境を強化

エンタープライズ その他

「NEC北海道DC」主な仕様(計画)
  • 「NEC北海道DC」主な仕様(計画)
  • 立地および施設の安全性
 日本電気(NEC)およびNECフィールディングは21日、北海道地域におけるクラウドサービス提供環境の強化を目的に、「NEC北海道データセンター(NEC北海道DC)」を札幌市内に設置することを発表した。すでに着工を開始しており、2012年4月からサービスを開始する予定。

 「NEC北海道DC」は、災害リスクの低い立地で、建物の耐震性能は最上位グレード(I類・地震力割増1.50)の構造で、大地震でも大きな損傷なく運営継続が可能。サーバルームは2次床免震構造を採用する。停電時に無給油で72時間給電可能な自家発電設備や、2回線受電方式(本線予備線受電方式)を含む冗長化された電源設備も設置する。セキュリティ面ではICカードや生体認証による厳重な入退出管理を実現する。

 NECでは、各地域のパートナーと連携し、地域密着型で信頼性の高いデータセンター機能を提供する「地域データセンター」の整備を進めており、NEC北海道DCの設置も、この取り組みに基づくものだ。同社は、地方公共団体をはじめとする北海道地域の顧客の多様なニーズに対して、よりきめ細やかな対応を実現するとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top