ロジクール、直感的に操作できるマルチタッチ対応のワイヤレスタッチパッド | RBB TODAY

ロジクール、直感的に操作できるマルチタッチ対応のワイヤレスタッチパッド

IT・デジタル フォトレポート

「TP500」の操作イメージ
  • 「TP500」の操作イメージ
  • 本体
  • タッチ面
  • 側面
  • 1~4本指で操作できるジェスチャー例
 ロジクールは16日、マルチタッチ対応のワイヤレスタッチパッド「TP500」を発表した。販売開始は30日。価格はオープンで、同社直販サイト価格は4,980円。

 「TP500」は、本体サイズが幅131.85×高さ21.8×奥行き131.12mmのタッチパッド。最大10m離れた場所からの操作が可能な2.4GHz帯域のワイヤレスに対応する。

 指先の直感的な操作が可能なマルチタッチに対応しており、1本指でのカーソル移動やドラッグ、クリックをはじめ、2本指での垂直/水平方向へのスクロール、3本指でのページアップ/ダウンやwebブラウジングの進む/戻る、4本指でのアプリケーション切り替えやウィンドウの最小化、Windows 7スナップといったジェスチャー操作が行なえる。さらに、同社サイトから「ロジクールSetPoint」ソフトをダウンロードすることで、操作できるジェスチャーのカスタマイズが可能となる。

 対応OSはWindows 7で、基本的なタッチ動作となるポイント/クリック/スクロール等はWindows Vista/XPでも対応。総ボタン数は2、バッテリは単3形乾電池×2、電池寿命の目安は最大4ヵ月、本体の重さは208g(バッテリ含む)。レシーバーはUSB接続で幅14.4×高さ6.1×奥行き18.7mm/2gの小型軽量ボディとなる。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top