LG、FRP方式の3Dテレビ「CINEMA 3D」のハイグレードモデル……軽量3Dメガネ同梱 | RBB TODAY

LG、FRP方式の3Dテレビ「CINEMA 3D」のハイグレードモデル……軽量3Dメガネ同梱

IT・デジタル テレビ

3Dテレビ「LW6500」シリーズ
  • 3Dテレビ「LW6500」シリーズ
  • フレームレスタイプ/クリップオンタイプ/クリアフレームタイプ/キッズタイプの軽量3Dメガネ
 LGエレクトロニクス・ジャパンは13日、3Dテレビ「LW6500」シリーズの3機種を発表した。販売開始は10月上旬。価格はオープンで、予想実売価格は、55型「55LW6500」が300,000円前後、47型「47LW6500」が240,000円前後、42型「42LW6500」が180,000円前後。

 「LW6500」シリーズは、FPR(film patterned retarder/フィルム偏光)方式の3D対応液晶テレビ「CINEMA 3D」のハイグレードモデル。FPR方式によりテレビ部と専用3Dメガネを同期する必要がなく、専用3Dメガネをシンプルかつ軽量化することが可能。専用3Dメガネの種類と重さは、フレームレスタイプが約16.5g、通常のメガネに重ね合わせて使用するクリップオンタイプが約7.5g、クリアフレームタイプが約8g、キッズタイプが約9.5gとなっている。

 なお、「LW6500」シリーズでは、フレームレスタイプ/クリップオンタイプ×2/クリアフレームタイプ/キッズタイプ×2の計6本がセットとなった「ファミリーパック」を同梱。「ファミリーパック」は別売オプションでの購入も可能で、価格はオープン、予想実売価格は10,000円前後。

 また、アクティブシャッター方式で3D映像を観る場合には、左目用と右目用の映像が交互に目に届く仕組みだが、FPR方式では左右の目で同時に映像が届く。そのため、アクティブシャッター方式にありがちなフリッカー(ちらつき)やクロストーク(映像が二重にみえるようなぼやけ)を軽減する。

 そのほかの特長として、動きのある映像で残像感を抑える倍速表示テクノロジー「TruMotion240」を搭載。3D映像の明るさを向上させる「ライトブースト」技術を採用し、2D映像を3D映像に変換する「2Dto3D変換機能」を備えた。

 3機種の共通仕様として、ダブルの地上・BS・110度CSデジタルテレビチューナーを搭載、解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応、エッジ型LEDバックライトを採用、ダイナミックコントラスト比は500万:1、インターフェースはHDMI×4/D5/光デジタル音声/ビデオ×2/ヘッドホン/ミニD-sub15ピン/USB×2(USB外付けHDD録画に対応)/LANなど、内蔵スピーカーは10W×2。

 スタンド含む本体サイズ/重さは、55型「55LW6500」が幅129.7×高さ85.1×奥行き34.1cm(スタンドなしの奥行き2.9cm)/27kg、47型「47LW6500」が幅111.9×高さ74.9×奥行き25.5cm(スタンドなしの奥行き2.9cm)/21kg、42型「42LW6500」が幅100.9×高さ68.6×奥行き25.5cm(スタンドなしの奥行き2.9cm)/16.5kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top