空中に浮かぶ映像や西陣織の光ファイバー……ベンチャー企業の製品が秋葉原に! | RBB TODAY

空中に浮かぶ映像や西陣織の光ファイバー……ベンチャー企業の製品が秋葉原に!

ブロードバンド その他

アロマックラボ「MACBEAM」(光演出素材)
  • アロマックラボ「MACBEAM」(光演出素材)
  • アクセルスペース「超小型衛星」
  • ALBEDO「透明映像空間ディスプレイ」
  • シロク「後付けタッチパネル(フレーム型)」
 TXアントレプレナーパートナーズ(TEP)は12日、秋葉原駅の常設ギャラリー「TX PLAZA秋葉原」(AKIBA TOLIM 1F)にて、会員ベンチャー企業製品の展示会を開催することを発表した。開催期間は、9月20日~10月3日の2週間。

 今回の「TX PLAZA秋葉原」の展示では、週替わりで合計7社の製品を紹介。第一週は、「デジタルサイネージの進化」をテーマに、空中に浮かぶ映像を実現した「透明映像空間ディスプレイ」、ショーウィンドーのガラス面をタッチパネル化できる「後付けタッチパネル(フレーム型)」など、ディスプレイ分野の最先端製品を展示する。第二週は、「発想の転換が切り拓くビジネス」をテーマに、西陣織技術を活用した光ファイバーイルミネーション「MACBEAM」、宇宙ビジネスでの飛躍が期待される「超小型衛星」などの最先端製品を展示する。

 TEPは、TX沿線を中心にベンチャー企業、起業家の支援を行う任意団体。経済産業省関東経済産業局、茨城県、千葉県、東京都、柏市、つくば市、独立行政法人産業技術総合研究所、独立行政法人中小企業基盤整備機構関東支部、財団法人千葉県産業振興センター、柏商工会議所、つくば研究支援センターをアドバイザリーボードとする運営組織と、登録制の会員(アントレプレナー会員、エンジェル会員、サポート会員、スポンサー会員)により構成されている。TX沿線は、つくば・柏の葉・秋葉原エリアを中心に先端技術の研究を進める東京大学、筑波大学などの学術機関や企業研究所が数多く立地し、TEPには、設立以来100社以上のベンチャー企業が入会しているという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top