国内プライベートクラウド市場、2015年まで年間平均成長率は41.7%……IDC予測 | RBB TODAY

国内プライベートクラウド市場、2015年まで年間平均成長率は41.7%……IDC予測

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

国内プライベートクラウド市場 配備モデル別 支出額予測、2010年~2015年
  • 国内プライベートクラウド市場 配備モデル別 支出額予測、2010年~2015年
 IDC Japanは12日、国内プライベートクラウド市場予測を発表した。これによると2010年の国内プライベートクラウド市場規模は1,646億円となった。

 また今後についても、ITの効率化と、ITを活用した新規事業の基盤としての急速な拡大が見込まれるため、2010年~2015年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)41.7%で推移すると予測された。最終的に、2015年の市場規模は2010年比5.7倍の9,406億円になるとIDCは予測している。
 
 ITインフラストラクチャの仮想化/統合の普及は、管理すべき仮想マシンを急速に増加させ、システムの運用管理を複雑化し、大きな課題となっている。この課題を解決するためにはプライベートクラウド化が有効なため、2012年以降、「仮想化からプライベートクラウドへ」が進むとIDCは指摘。2011年以降の国内プライベートクラウド市場においてもっとも高い成長を遂げるのは、コミュニティクラウドサービスと指摘。現在のコミュニティクラウドサービスは、既存の産業特化型ソリューションのクラウド化(共同センター型)が成長を支えているが、2014年以降はクラウドの活用によって新しい価値を創造する事業、たとえばスマートシティのような社会インフラ事業や、異業種連携の業際クラウドが大きく成長するとIDCでは予測している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top