NEC、シスコとLTEの商用ネットワーク構築で協業……トータルシステムを共同提供 | RBB TODAY

NEC、シスコとLTEの商用ネットワーク構築で協業……トータルシステムを共同提供

エンタープライズ モバイルBIZ

Ciscoのモバイルコアシステム「ASR5000」
  • Ciscoのモバイルコアシステム「ASR5000」
  • NECのEvolved Packet Core製品群
 日本電気(NEC)は1日、米Cisco Systems(シスコ)とグローバル市場向けLTE商用ネットワークの構築や販売活動に関して協業することで合意した。

 NECのLTE無線基地局(eNB:evolutional Node B)やモバイルバックホール、Ciscoのモバイルコアシステム「ASR5000」など、LTEのネットワーク構築に必要なトータルシステムを共同で提供する。なお、両社はすでに相互接続試験を終了しており、商用ネットワーク構築のための準備を完了したとしている。

 NECのEvolved Packet Core(EPC)製品群は、次世代のモバイルコアネットワーク製品群として、3GPPで規定されている既存2G/3G網を収容しつつ、新たなLTEアクセス網などをを収容する能力を持っている。またNECは、NTTドコモの商用LTEサービス「Xi」に、通信インフラから端末までを含めたトータルシステムを提供するとともに、KDDIからも商用無線基地局ベンダーとして選定されている。一方Ciscoは、コアネットワーク装置を多数稼働させており、運用中の既存サービスからLTEへのスムーズな移行を可能としている。

 今後両社は、市場競争力のあるLTEシステムを提供し、通信事業者のLTE商用ネットワーク構築、サービス開始、展開を支援するとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top