三菱、オールインワン録画テレビの最上位モデルと液晶テレビのUSB接続外付けHDD対応モデル | RBB TODAY

三菱、オールインワン録画テレビの最上位モデルと液晶テレビのUSB接続外付けHDD対応モデル

IT・デジタル テレビ

MDR2シリーズ55V型LCD-55MDR2(左)、46V型LCD-46MDR2(中央)、40型LCD-40MDR2(右)
  • MDR2シリーズ55V型LCD-55MDR2(左)、46V型LCD-46MDR2(中央)、40型LCD-40MDR2(右)
  • MDR2シリーズ「グット楽リモコン」
  • 40V型LCD-40DRW2(左)、32V型LCD-32MR2(右)
  • DRWシリーズ「グット楽リモコン」
 三菱電機は1日、Blu-rayレコーダーとHDD搭載3D対応録画テレビの最上位「プレミアム録画テレビREAL」MDR2シリーズ3モデルと、液晶テレビ「REAL」のUSB接続外付けHDD・3D対応2モデルを発表した。価格はオープン。

■フルHD・3D対応・オールインワン録画テレビの最上位「プレミアム録画テレビREAL」MDR2シリーズ

 3モデルとも販売開始は10月21日。希望小売価格は55V型「LCD-55MDR2」が330,000円前後、46V型「LCD-46MDR2」が280,000円前後、40型「LCD-40MDR2」が230,000円前後。

 いずれもBlu-rayレコーダー・HDD搭載録画テレビの最上位モデルで、デジタル放送の録画/鑑賞/保存を一台でこなすオールインワン型。3Dに対応するほか、地上・BS・110度CSチューナーをトリプルで搭載する。HDD容量は1TB。

 カーボンナノチューブを配合することで、高伝搬速度と適度な内部損失を両立したスピーカー振動板「NCV振動板」を採用。「DIATONE NCVスピーカー」として、センター4個/左右各2個の計8個を搭載。さらに、左右のウーハー計2個を加えた計10個のスピーカーユニットをバスレフ方式スピーカーボックスに内蔵した。

 音声出力はセンター10W/左右各10W/ウーハー左右各10W。本体内蔵スピーカーだけで5.1chサラウンド感を再現する「DIATONEサラウンド5.1」や、音の奥行きを3段階で調節できる新機能「DIATONEサラウンド 2.0」、映像の残像感を軽減する「DIAMOND 3D Engine PRO」機能などと合わせて、映画館のような高音質と高画質を実現するとうたう。

 パネルには、新「DAIAMOND Panel」を採用。LEDバックライトユニットを左右に配置することで、パネル内部からの光の錯乱を低減するとした。また、節電機能面でも新機能を搭載しており、専用リモコンに「節電ボタン」を装備し、「節電アシストメニュー」による省エネ機能を設定することができる。

 3D動画の視聴は、同梱される専用の3Dメガネを使用。サイドバイサイド/フレームパッキング/トップアンドボトムの各方式に対応する。「2D-3D擬似変換」機能も搭載されている。

 HDDとBlu-rayディスクへの録画には、MPEG-4 AVC/H.264映像圧縮方式を採用。また、記録型DVDにHD映像を記録するために策定されたAVCRECTM規格やBlu-rayディスクの新規格BDXLTMにも対応するほか、フルHD長時間録画モードでは2番組を同時に録画できる。Blu-rayディスクに記録した番組を本体のHDDに“ムーブバック”(書き戻し)する機能も、新たに搭載された。

 ネットワーク接続に関する機能も強化しており、同製品内に記録されたコンテンツは、ネットワークで接続された他のDLNA再生機能対応機器での再生が可能となる。また、ネットワークサービス「GIGA.TV」「アクトビラ」「TSUTAYA TV」「テレビ版Yahoo! JAPAN」「BD-LIVETM」などに対応する。

 3モデル共通のスペックは以下の通り。画面アスペクト比は16:9、画素数は1,920×1,080(フルHD)。CATVパススルー対応。インターフェイスはHDMI×3/PC入力(ミニD-sub15ピン1系統1端子/ステレオミニジャック)/ビデオ入力×3/音声出力/デジタル光音声出力/ヘッドホン/USB/i.LINK(TS入力)/SDカードスロット/LAN×2。本体サイズは現在未確定。主な付属品はリモコン/3Dメガネ。

■液晶テレビ「REAL」のUSB接続外付けHDD・3D対応2モデル

 販売開始/希望小売価格は40V型「LCD-40DRW2」が11月21日/130,000円前後、32V型「LCD-32MR2」が10月21日/70,000円前後。

 いずれも、HD画質でデジタル放送録画ができるUSB接続外付けHDD対応モデル。2TBまで最大8台の接続を可能としており、HDDごとに設定すれば使用者を分けることもできる。また、地上・BS・110度CSデジタルチューナーをダブルで搭載し、裏番組録画にも対応する(2番組同時録画は非対応)

 「LCD-40DRW2」には、前後の画像フレームを解析して補間フレームを挿入する「倍速ピクチャー」機能を搭載。残像間の少ない映像を実現するとしている。内蔵スピーカーは2個、音声実用最大出力は10W+10Wで、MDR2シリーズと同様に新機能「DIATONEサラウンド2.0」を搭載した。

 3Dシンクロトランスミッターの内蔵により、別売りの3Dメガネでの3D映像視聴に対応。3D対応レコーダーを接続すれば3Dパッケージソフトの視聴も可能となる。放送の3D信号はサイドバイサイド/トップアンドボトム、パッケージソフトはフレームパッキングの各方式に対応するほか、「2D-3D変換機能」も搭載した。

 このほか「節電アシストメニュー」による省エネ機能設定も搭載。付属のテレビリモコンでの操作は、「REALINK」機能による同社製レコーダー、「外部アンプ連動」機能によるHDMI接続したAVアンプの音量調節などが可能。ネットワーク機能では、「GIGA.TV」「アクトビラ」「TSUTAYA TV」「テレビ版Yahoo! JAPAN」に対応する。

 2モデル共通のスペックは以下の通り。画面アスペクト比は16:9。CATVパススルー対応。インターフェイスはHDMI×3/ビデオ入力×2/HDMIアナログ音声入力/デジタル光音声出力/ヘッドホン/USB/SDカードスロット/LAN。

 40V型「LCD-40DRW2」の画素数は1,920×1,080(フルHD)、スタンド付属時の本体サイズは幅95.1×奥行き27.4×高さ64.4mm、重さ18.4kg。32V型「LCD-32MR2」の画素数は1,366×768、スタンド付属時の本体サイズは幅76.2×奥行き27.3×高さ54mm、重さ12kg。
《》

関連ニュース

特集

page top