シャープ、地デジ3波に加え「スカパー!HDチューナー」を搭載したBlu-rayディスクレコーダー | RBB TODAY

シャープ、地デジ3波に加え「スカパー!HDチューナー」を搭載したBlu-rayディスクレコーダー

IT・デジタル レコーダー

2TB「BD-W2000」/1TB「BD-W1000」/500GB「BD-W500」
  • 2TB「BD-W2000」/1TB「BD-W1000」/500GB「BD-W500」
  • 「Wi-Fiコネクト」により録画番組/放送中番組の映像を液晶テレビやスマートフォンに転送するイメージ
 シャープは22日、Blu-rayディスクレコーダー「AQUOSブルーレイ」で新たに「スカパー!HDチューナー」搭載の2TB「BD-W2000」/1TB「BD-W1000」/500GB「BD-W500」を3機種発表した。販売開始は9月23日。価格はオープン。

 予想実売価格は、2TB「BD-W2000」が140,000円前後、1TB「BD-W1000」が110,000円前後、500GB「BD-W500」が90,000円前後。

 3機種は、Blu-rayディスクレコーダーとして業界初をうたう「スカパー!HDチューナー」内蔵モデル。地上・BS・110度CSチューナー2基も搭載しており、合わせて100以上のHDチャンネルの視聴が可能となっている。

 別途で「スカパー!HDチューナー」を用意する場合と比べ、省スペースで設置できるほか、LANケーブルでの接続や初期設定などが不要。「スカパー!HD」放送の番組も地デジなどの番組と同じ使い勝手で番組表から選局・録画予約が可能。3番組同時録画や、録画番組のBlu-rayディスクへのダビングにも対応する。

 また、業界初として無線LANアクセスポイント機能「Wi-Fiコネクト」を搭載。無線LANルータがなくても、ホームネットワーク対応の液晶テレビAQUOSやスマートフォンAQUOS PHONEへ、ワイヤレスで直接、録画番組の映像を送信できる。なお、ホームネットワークに対応していない液晶テレビAQUOSの場合は、無線LAN機能を搭載した別売のネットワークアダプタ「VR-NP1」(販売開始は9月23日/予想実売価格は16,000円前後)と接続することで、ホームネットワークを利用できるようにする。

 さらに、「放送番組転送」機能も備えており、ワイヤレス送信は録画番組だけでなく放送中の番組にも対応。ホームネットワーク対応の液晶テレビAQUOSやスマートフォンAQUOS PHONE、別売のネットワークアダプタ「VR-NP1」を接続したホームネットワーク非対応の液晶テレビへ、放送番組の映像を送信できる。

 そのほかの特長として、液晶テレビAQUOSに接続したUSB外付けHDDからのダビングに対応。HDD内で録画した番組などをコピーして保存できる「HDD内ダビング」機能や、番組表・録画リストなどを、すばやく起動できる「高速一発起動」を装備。大容量規格「BDXL」や立体視を楽しめる「ブルーレイ3D」に対応する。

 おもな仕様として、記録形式はMPEG2、MPEG-4 AVC/H.264。インターフェースはHDMI(金メッキ)/光デジタル音声/USB/LANなど。本体サイズは幅430×高さ58×奥行き236mm、重さは約3.5kg(500GB「BD-W500」は約3.3kg)。付属品はリモコン/アンテナケーブル/HDMIケーブル(2m・金メッキ処理)/電源コードなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top