NEC、クラウド基盤ソフト「OpenStack」のコミュニティに参画 | RBB TODAY

NEC、クラウド基盤ソフト「OpenStack」のコミュニティに参画

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「OpenStack」サイト(画像)
  • 「OpenStack」サイト(画像)
  • 「日本OpenStackユーザ会」サイト(画像)
 日本電気(NEC)は19日、オープンソースソフトウェア(OSS)のクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」の開発・普及を推進するコミュニティに参画したことを公表した。

 「OpenStack」は、高信頼なプライベートクラウド基盤を低コストで実現するOSSベースのクラウド基盤ソフト。OpenStackコミュニティには、NASA(米航空宇宙局)や米国の有力IaaSクラウドサービス事業者であるRackSpace社を中心に、国内外の100社以上のベンダーが参画している。

 NECは、OpenStackコミュニティ、および国内で「OpenStack」の普及活動を行っている「日本OpenStackユーザー会」(JOSUG)に参画し、「OpenStack」の機能強化、品質向上、情報発信、早期普及、および人材育成に貢献するとしている。

 今後は、「OpenStack」を活用したSI構築やソリューションを提供するとともに、新ネットワーク制御技術「OpenFlow」に対応した自社ネットワーク製品「UNIVERGE PFシリーズ(プログラマブルフロー)」についても、「OpenStack」への対応を進める予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top