アイオー、対応AV機器をワイヤレスでネット接続できる無線LANアダプタ | RBB TODAY

アイオー、対応AV機器をワイヤレスでネット接続できる無線LANアダプタ

IT・デジタル 周辺機器

WN-AG300EAシリーズ
  • WN-AG300EAシリーズ
  • WN-AG300EAシリーズ
  • WN-AG300EAシリーズ・増設用単品モデル
  • WN-AG300EAシリーズ・増設用単品モデル
 アイオーは10日、テレビやレコーダーをワイヤレスでインターネット接続できるデジタル家電用の無線LANアダプタ「WN-AG300EAシリーズ」を発表した。販売開始は9月上旬。価格は親機&子機セットが14,600円、増設用子機が7,900円。

 同製品は、親機と子機の間でのワイヤレス通信を可能にするもの。たとえばインターネット対応テレビと子機、無線LANルータと親機を接続すると、子機と親機の間でワイヤレス通信が可能となり、テレビでインターネットサービスが利用できる。

 動作確認済みのインターネットサービスは、「アクトビラ ベーシック」、「アクトビラ ビデオ」、「アクトビラ ビデオ・フル」、「ひかりTV」、「TSUTAYA TV」、テレビ版「Yahoo! JAPAN」、「Yahoo! JAPAN for AQUOS」、「YouTube」。なお、「TSUTAYA TV」の高画質動画(HD動画)は光ファイバー環境が推奨されている。

 また、インターネット接続以外にDLNAでの家庭内映像配信/共有も可能。たとえば液晶テレビ/レコーダーと親機、別の部屋にあるテレビと子機を接続すると、別の部屋のテレビからレコーダー内の番組データを視聴できる(レコーダー/テレビがDTCP-IP対応の場合)。

 高速インターネットに対応する無線LAN規格「11n」に対応。電波の弱かった場所でも、高性能の内蔵アンテナ3本を搭載するなどの「ハイパワー設計」で電波感度が向上とうたう。また、子機のLEDランプでは電波強度が表示されるほか、通信帯域も電波干渉の影響が少ない5GHz帯(11n/a)に設定されている。

 対応OSはWindows 7(32/64ビット)/ Vista(32/64ビット)/XP/Mac OS X 10.4.11~。設定に必要なブラウザはWindowsがInternet Explorer 6.0以降、Mac OSがSafari 3.0以降。有線LAN側ネットワーク部の有線規格はIEEE802.3u(100BASE-TX)、IEEE802.3(10BASE-T)。無線LAN側ネットワーク部の無線規格はIEEE802.11n/IEEE802.11a/IEEE802.11g/IEEE802.11b。

 親機/子機ともに、LAN端子×2を搭載。LANと親機に接続できる機器と推奨台数はそれぞれ4台で、増設用子機も単品で販売される。また、ハブでの増設も可能。本体サイズは幅約7×奥行き117×高さ28mm、重さ約100g(1台)。
《》

関連ニュース

特集

page top