手のひらの“本格カーナビ”……「NAVIelite」 | RBB TODAY

手のひらの“本格カーナビ”……「NAVIelite」

IT・デジタル フォトレポート

draibrain NAVIelite/NAVIelite mini
  • draibrain NAVIelite/NAVIelite mini
  • 【ドライブレイン ナビエリート】手のひらの“本格カーナビ”を写真で見る
  • NAVIeliteロゴ
  • 全国詳細地図を表示したところ。このように建物のディティールまでも表現される。カーナビアプリの常識を超えた表示能力だ。
  • 交差点では2画面で拡大表示になる。信号待ちなどで地図を見たいときはボタン一つで2画面を解除できる。
  • 5ルートを瞬時に検索。かなり遠方の目的地でもほとんど待たされることはない。この高速さは特筆ものだ。
  • 目的地は名称、住所、電話番号、郵便番号、ジャンルなどで検索できる。ガイドブックなどで採用されているマップコードにも対応する反面、フリーワード検索などはない。
  • 【ドライブレイン ナビエリート】手のひらの“本格カーナビ”を写真で見る
トヨタ車をはじめとする純正ナビゲーションを手がけるアイシンAWが、この1月に初のコンシューマー向けブランド『dribrain(ドライブレイン)』を立ち上げ、その第1弾としてリリースしたiPhone向けカーナビアプリが『NAVIelite(ナビエリート)』だ。

まさに純正ナビそのままのユーザーインターフェースを採用、オンデマンドVICSや渋滞考慮ルート、詳細市街図、立体的な交差点/インターチェンジのイラストなど車載用途に特化している。

利用額は年額3800円。渋滞情報や市街地図などを省いた廉価版『NAVIelite mini
(ナビエリートミニ)』は年額2800円。これまでのスマートフォンナビとは大きく異なるアプローチで登場した本格ナビの画面を、写真でお届けする。

【ドライブレイン ナビエリート】手のひらの“本格カーナビ”を写真で見る

《編集部@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top