KDDI、Android搭載デバイス向けセキュリティ「KDDI 3LM Security」発表 | RBB TODAY

KDDI、Android搭載デバイス向けセキュリティ「KDDI 3LM Security」発表

エンタープライズ セキュリティ

「KDDI 3LM Security」の概要
  • 「KDDI 3LM Security」の概要
  • 提供される機能
 KDDIは28日、auのAndroid搭載デバイスを利用する法人向けに、米Three Laws of Mobility社(3LM) が開発したセキュアプラットフォームを採用した、セキュリティ管理サービス「KDDI 3LM Security」を発表した。

 「KDDI 3LM Security」は、Android搭載デバイスにおいて、従来のアプリレベルでは実現できなかったメモリの暗号化、デバイス管理、アプリケーションの配信管理など、強固なセキュリティ機能をOSレベルで実現するサービス。デバイス内およびSDカード内のデータ暗号化、アプリケーションのインストール管理、管理者によるリモートでのカメラ・Bluetooth・FeliCaなどのデバイス利用制限、アプリケーションの配信やリモート削除などが可能。

 8月下旬より一部ユーザーを対象としたトライアルサービスの提供を開始、11月より本格提供を開始する。また、個人ユーザーにも「KDDI 3LM Security」を基盤としたサービスを2011年秋より提供する予定となっている。宅内設置型プランの「アドバンスドプラン」(仮称)、KDDI局舎内の設備を利用するASP型プラン「ベーシックプラン」の2種が提供される。対応機種は、SIRIUSαIS06、G'z One IS11CA、EIS01PT

 「KDDI 3LM Security」では、アプリのインストール制限、端末のロック、カメラなど各種機能の利用許可を企業のIT管理者に委譲させることで、法人企業のセキュリティ基準に沿ったシステム構築が可能となる。VPN通信を用いて、デバイスからイントラネットへ、セキュアにアクセスすることもできる(アドバンスドプランのみ)。Android搭載デバイスからネットワーク、アプリケーションまでをシームレスに統合するクラウドソリューション「KDDI MULTI CLOUD」などの法人向けサービスも利用可能。

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top