自宅のPCやプリンタと併用しフォトブックを作成できる「とじ太くん Photobook Maker」 | RBB TODAY

自宅のPCやプリンタと併用しフォトブックを作成できる「とじ太くん Photobook Maker」

IT・デジタル デジカメ

「とじ太くん Photobook Maker」(ブラック/ホワイト)
  • 「とじ太くん Photobook Maker」(ブラック/ホワイト)
  • フォトブックを作成するイメージ
  • 専用サイトのトップページ
  • 専用サイトの無料テンプレートの一例
 ジャパンインターナショナルコマースは26日、卓上型フォトブック製本機「とじ太くん Photobook Maker」を発表した。同社直販サイトにて販売開始は8月10日。スターターセットの価格は3,980円。

 「とじ太くん Photobook Maker」は、自宅のPCやインクジェットプリンタと併用して家庭でフォトブックを作成できる製本機。作成には、本体と専用のカバー(表紙/裏表紙/背表紙が一体化)/用紙を使用する。

 フォトブックテンプレートに合わせPCとインクジェットプリンタで専用用紙(両面印刷対応)に写真を印刷し、1冊分を専用カバーに挟み本体に挿入。スタートボタンを押すと、専用用紙と専用カバーが加熱接着される。接着後は本体背面のクーリングスタンドに立てかけて冷却する。

 専用サイトに30種類のテンプレート(ワードファイル)を用意しており、無料ダウンロードでの利用が可能。専用サイトにはエクセルでのデザイン方法の説明も用意し、IllustratorやPhotoshopなど市販のソフトを使用することもできる。専用カバーは半透明のスモークも用意しており、1枚目の写真(1ページ目)が表紙代わりとなるため面倒な表紙デザインの手間が省けるという。

 スターターセットの内容は、本体/専用スモークカバー×3(ピンク/ブラック/ホワイト、各製本可能枚数は8枚/16ページ)/両面光沢フォトブック専用用紙(150×150mm)×30。ほかに、別売りの単品としてスモークカバー/全面紙カバー/窓あきカバーが380円~、両面光沢フォトブック専用用紙が30枚あたり590円。

 本体のおもな仕様として、ウォームアップ時間は約110秒、加熱時間は約90秒、クーリング時間は30~60秒。本体サイズは幅210×高さ94×奥行き83mm、重さは約360g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top