NEC、微小で多様な振動を高精度に検知するセンサ技術を開発……従来比20倍の高感度 | RBB TODAY

NEC、微小で多様な振動を高精度に検知するセンサ技術を開発……従来比20倍の高感度

エンタープライズ ハードウェア

圧電式振動センサ
  • 圧電式振動センサ
  • 仕様
  • 従来製品との比較
 日本電気(NEC)およびNECトーキンは20日、微小で多様な振動を高精度に検知するセンサ技術を開発したことを発表した。この技術により、建物や水道管・ガス管などのライフライン、電子機器などで発生する微小な異常振動を高精度で検知可能となる見込み。

 両社は、セラミックス材料の組成の改良、ならびに独自の振動拡大機構の採用により、従来比20倍の高感度で広い周波数帯域の振動を検知できる圧電式振動センサを開発した。さらにNECの振動波形解析技術により高精度センサ技術を実現した。新技術では、微小な振動を電気信号に効率よく変換可能とのこと。これまで検知が困難であった微小かつ多様な振動を高感度に検知することで、建物などの劣化状況をリアルタイムに把握し、劣化の予兆を“見える化”することが可能になるという。

 電子機器の動作異常や、建物、水道管などの摩擦、ガタつき、ひび割れが発生する際、幅広い周波数の微小振動が発生する。これらの振動を解析するためには従来、収集できる周波数帯域の異なるセンサが複数必要だった。本技術を利用することで、リアルタイムな劣化予兆の見える化を1つのセンサで実現できる。

 NECおよびNECトーキンは今後、ネットワークを介したクラウド環境を用いて振動センサから得られるデータを解析することで、劣化予兆の効率的な遠隔監視を実現するシステムの開発などに取り組む予定。またNECトーキンは、開発した圧電式振動センサを8月から生産開始する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top