NEC、仮想アプライアンスの新製品「InterSecVM/SG for VMware」など2種を新発売 | RBB TODAY

NEC、仮想アプライアンスの新製品「InterSecVM/SG for VMware」など2種を新発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

新製品の利用イメージ
  • 新製品の利用イメージ
  • 新製品の主な仕様
  • 新製品価格
  • 仮想アプライアンスの製品イメージ
  • 仮想アプライアンスのメリット
 日本電気(NEC)は15日、仮想アプライアンスの新製品として、ファイアウォール機能を提供する「InterSecVM/SG for VMware」、およびメールアーカイブ・フィルタリングを実現する「AddPoint/MailWallServer for VMware」の販売を開始した。

 「仮想アプライアンス」は、特定のアプリケーションとOS(オペレーティングシステム)を一体化して提供するソフトウェアパッケージ。仮想環境上で動作するため、一般的なアプライアンス製品と異なり、1台の汎用ハードウェアに複数の仮想アプライアンスを集約し、導入・運用コストを抑えて利用することが可能なのが特徴だ。

 新製品「InterSecVM/SG for VMware」は不正なアクセスからネットワークを保護するファイアウォール製品で、自社開発のファイアウォールエンジンを搭載している他、日本語のWebユーザーインターフェイスやオンラインヘルプが用意されている。価格は600,000円(1年間保守付き)。「AddPoint/MailWallServer for VMware」はメールのフィルタリング・アーカイブ・添付ファイル暗号化などの機能を提供し、情報漏えい対策とコンプライアンス向上を実現するメールセキュリティ製品。価格は3,280,000円。

 さらにあわせて、昨年1月から販売している仮想アプライアンス「InterSecVM/MW」「InterSecVM/CS」「InterSecVM/LB」についても、新たにマイクロソフト社の仮想環境「Hyper-V」上で動作する製品の提供を開始する。NECではこれら新製品について、今後3年間で1000システムの販売を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top