富士通、GPUコンピューティングソリューションを提供開始 | RBB TODAY

富士通、GPUコンピューティングソリューションを提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

CELSIUS R670-2
  • CELSIUS R670-2
  • 「ANSYS Mechanical on GPU」のベンチマークテスト性能情報グラフ
 富士通は14日、GPU製品の提供、およびGPU性能検証結果をベースとした最適なシステム提案による、GPUコンピューティングソリューションの提供開始を発表した。

 「GPUコンピューティング」は、従来は画像処理デバイスとして使われていたGPU(Graphics Processing Unit)を、解析・シミュレーションに活用する手法。ワークステーションクラスの小規模なGPUコンピューティングのニーズに対しては、GPUコンピューティングカードを搭載したハイエンドPCワークステーション「CELSIUS R670-2」を提供する。さらに、複数GPUを搭載した大規模GPUコンピューティングのニーズに対しては、エルザジャパンと協力して、GPUコンピューティング製品および導入・運用サポートを提供する。

 また同社では2010年7月に開設した「PCクラスタ性能検証センター」(東京都港区)において、サイバネットシステムと共同で、構造・伝熱解析ツール「ANSYS Mechanical」の性能検証を実施しており、この結果をもとにPCクラスタまたはGPUコンピューティングの最適なシステム提案を行う。「ANSYS Mechanical」の代表的な解析モデルごとに、CPUのみによる解析プログラム実行性能に対して、CPUにGPUを追加した場合に実行性能がどのくらい向上するのかを検証しており、ユーザが使う解析モデルにあわせて提案を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top