富士通、サイトトップページをWeb・アクセシビリティの新規格へ対応 | RBB TODAY

富士通、サイトトップページをWeb・アクセシビリティの新規格へ対応

ブロードバンド その他

最低限のコントラスト
  • 最低限のコントラスト
  • ブロックスキップ
 富士通は8日、主に高齢者、障がい者のWeb・アクセシビリティを高めることを目的に、自社サイトのトップページを、Webコンテンツの新たな日本工業規格(JIS)「JIS X 8341-3:2010」に対応させた。

 富士通では2002年から、Webコンテンツの日本工業規格(JIS)「JIS X 8341-3」、および国際的なアクセシビリティ指針である「WCAG」を指標とし、ホームページのアクセシビリティ確保や取り組み状況の公開を行っていた。今回新たに対応した「JIS X 8341-3:2010」は、2008年12月に発表された「WCAG 2.0」に協調する形で2010年8月に公開されたもの。

 「JIS X 8341-3:2010」では、今までの規格とは異なり、客観的な試験によってホームページの規格への達成状況を確認することが可能で、達成度は3レベルの達成等級(A、AA、AAA)で評価され、富士通トップページはAA(一部準拠)であることを確認済み。達成度については、総務省の「みんなの公共サイト運用モデル」において、2014年度末までに達成等級AAに準拠することが望ましいとされている。

 今回の達成基準の例として、背景色と文字色のコントラスト比を4.5対1以上とし、誰にでも見やすくしたほか、キーボードのTabキーで操作した際にフォーカスが当たると表示される「スキップリンク」で、本文へ到達しやすくしたとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top