多くの自治体サイトがアクセシビリティに問題あり | RBB TODAY

多くの自治体サイトがアクセシビリティに問題あり

ブロードバンド その他

到達レベル毎の自治体数(基本レベル評価)
  • 到達レベル毎の自治体数(基本レベル評価)
  • 公開されたAレベル以上の自治体の一部
 アライド・ブレインズは1日、ウェブアクセシビリティ調査「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編第5回」の結果を発表した。

 高齢者や障害者を含めた誰もがウェブを利用できるウェブアクセシビリティに関するJIS規格が8月に改正公示されたことから、自治体や官公庁等の公共機関ウェブサイトでのアクセシビリティ確保が急務であるとし、自治体のサイトを5段階(A、B、C、D、E)で評価している。Aレベルに達したサイトは全体の16.1%で多数の自治体ウェブサイトが問題ありとしている。

 なお、ウェブサイトの総ページ数による比較では、Aレベル到達自治体の多くがページ数1万ページ未満。ページ数の多い大規模自治体サイトでは、ウェブサイト全体に管理を行き届かせることが難しく、古いページが削除されずに残っていたり、アクセシビリティの配慮が不十分になっていることが多いと考えられるとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top