苦戦もソフトBが1位キープ、UQ WiMAXが100万件の大台へ[TCA・携帯電話契約数6月] | RBB TODAY

苦戦もソフトBが1位キープ、UQ WiMAXが100万件の大台へ[TCA・携帯電話契約数6月]

ブロードバンド 回線・サービス

ソフトバンクの契約数・純増数推移
  • ソフトバンクの契約数・純増数推移
  • GALAXY S II
 電気通信事業者協会(TCA)は7日、2011年6月末現在における携帯電話・PHSの事業者別契約数を発表した。

 それによれば携帯電話の合計契約数は1億2124万6700件(対前月比増0.4%)で、先月の0.5%よりダウン。事業者別では、NTTドコモが純増154,000(前月63,000)で累計58,414,800件。auグループが純増102,200(前月110,900)で累計33,352,200件。ソフトバンクが純増191,700(前月299,000)で累計26,138,700件。イー・アクセスが純増73,700(前月75,000)で累計3,341,000件。「GALAXY S II」を中心に、スマートフォン夏モデルで攻勢を掛けたドコモが大きく躍進、ソフトバンクの純増を大きく抑えるも、1位とはならなかった。

 PHSはウィルコムが純増54,000(前月増132,900)となり累計3,993,800件となり増加傾向を維持。BWA(Broadband Wireless Access)契約数は、UQコミュニケーションズが純増60,100(前月67,800)で1,030,300件となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top