Androidを対象としたマルウェアは過去最多……マカフィーの月次レポート | RBB TODAY

Androidを対象としたマルウェアは過去最多……マカフィーの月次レポート

ブロードバンド セキュリティ

Androidを対象とするマルウェア「Android/DroidKungFu」
  • Androidを対象とするマルウェア「Android/DroidKungFu」
  • Androidを対象とするマルウェア「Android/DroidKungFu」
 マカフィーは6日、「6月のサイバー脅威の状況」を発表した。それによると6月に新たに報告されたモバイルマルウェア(PUP、亜種含)は47件で、そのうちAndroid OSを対象とするマルウェアは24件となり、Androidマルウェア数としては過去最多となった。また確認されたモバイルマルウェアの50%以上が、Androidマルウェアとなった。

 6月は、新たにAndroid OSの脆弱性を突いて、root権限奪取を行うマルウェア「Android/DroidKungFu」が確認されたという。具体的には端末情報を外部サーバに送信するだけでなく、root権限を奪取し、「Android/DroidKungFu」に含まれるアプリケーションをシステムディレクトリにインストールする。従来確認されていた同種のマルウェア「Android/DrdDream」と比べ、脆弱性を突くための実行ファイルが暗号化されているため、より検出しづらいという特徴があるという。

 同社はこれらのマルウェアは、Android OSの脆弱性を突いてroot権限を奪取するだけでなく、バックドアを仕掛けたり、システム領域に悪質ソフトウェアをインストールしたりするとして、より一層の警戒を呼び掛けている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top