タブレットとノートPCの2モードで使える!「Eee Pad Transformer TF 101」の販売がスタート | RBB TODAY

タブレットとノートPCの2モードで使える!「Eee Pad Transformer TF 101」の販売がスタート

IT・デジタル モバイル

店頭販売がスタートしたタブレットとノートPCに変化するASUSTeKの「Eee Pad Transformer TF 101」
  • 店頭販売がスタートしたタブレットとノートPCに変化するASUSTeKの「Eee Pad Transformer TF 101」
  • 10.1型ワイドのIPSタッチスクリーン(画像解析度1,280×800)を搭載したタブレットPCと、モバイルキーボードドックがセットになった同製品。
  • ソフマップ本館での価格は59,800円(今なら10%ポイント還元)
  • 主要スペック
  • 購入者限定でノベルティープレゼントもある
  • タブレットとノートPCに変化する
  • 通常はノートPCとして利用することができる
  • 「タブレット」部分を取り外したところ。
 25日からASUSTeKの「Eee Pad Transformer TF 101」の販売が量販店でスタートした。

 同製品は、10.1型ワイドのIPSタッチスクリーン(解像度 1,280×800)を搭載したタブレットと、モバイルキーボードドックがセットになったもの。両者を接続するとノートPCになり、タブレットモードとノートPCモードでシーンにあわせた使い分けが可能となる。

 東京・秋葉原ソフマップ本館4階にあるノートPCコーナーの一角では、本日から発売された同製品を大きくアピール。取材しようにも、手に取る客の数が多くてなかなか順番が回ってこないほどの人気ぶりとなっていた。

 まずは「ノートPC」状態の本体を持ってみる。重量は1.3kgなので、決して重くはなく、持ち運びにの際にも苦労はなさそうだ。さらに同製品の特徴である分離に挑戦。「タブレット」部分を手に取ってみると、十分取り回しの効く重さである。公称スペックでは約680gということなので、ちょうど初代のiPadと同程度ということになる(ちなみにiPad2は601g)。あれこれと一度いじってみたいと思う人は一度、店頭へ足を運んでみてはいかがだろうか。

  その他、主なスペックは以下の通り。OSにAndroid 3.0、CPUにデュアルコアのNVIDIA Tegra 2を採用。メモリは1GB、eMMCは約32GB。Webカメラは正面が120万画素、背面が500万画素。タブレットPC側のインターフェイスはHDMIミニ出力端子×1とMicro SDカードリーダー。モバイルキーボードドック側のインターフェイスはUSB 2.0×2、SDカードリーダー。タブレットPCの本体サイズは幅271×奥行き177×高さ12mm、重さは約680g。タブレットPCとモバイルキーボードドック接続時の本体サイズは幅271×奥行き185×高さ28mm、重さ約1.3kg(モバイルキーボードドックの重さは約640g)。カラーはブラウン。両者を接続した際の最長駆動時間は約16時間となる。

 ソフマップ本館での価格は59,800円(10%ポイント還元)。購入者限定でノベルティープレゼントもある。
《増田》

関連ニュース

特集

page top