今年のキーワードは「クール美s」?……「夏のメイク」崩れ、8割の女性が猛暑で心配 | RBB TODAY

今年のキーワードは「クール美s」?……「夏のメイク」崩れ、8割の女性が猛暑で心配

エンタメ 調査
今年の夏「猛暑によるメイク崩れ」が心配ですか?
  • 今年の夏「猛暑によるメイク崩れ」が心配ですか?
  • 今年の夏は「暑苦しいメイク」は避けたいと思いますか?
  • ナチュラルメイク、もしくはすっぴんの時に気になることはありますか?複数回答
  • クールに過ごせてかわいく見えるメイク方法などあれば試してみたいと思いますか?
 『輝く瞳』推進委員会は20日、全国の20~34歳の女性1000名を対象とした「夏のメイク」に関する意識調査の結果を発表した。調査期間は5月26日~30日。

 節電の影響もあり、今年はより一層暑い夏になりそうだが、今回のアンケートでは、「猛暑によるメイク崩れ」が心配と答えた女性の割合が、全体の78%にもなった。暑苦しいメイクを避けたいという声も多く、今年はとくに夏メイク対策が、注目を集めているようだ。

 一方で、「ナチュラルメイクやすっぴんの際に一番気になること」という質問では、「顔の印象が薄くなる」44%、「目ヂカラがなくなる」40%、など、はっきりとした顔立ちが保てなくなるという悩みが寄せられた。そのため、“クールに過ごせてかわいく見えるメイク方法”に興味のある女性の割合は91%と高く、せめて顔だけでも涼しく過ごしたいという意見が多かった。

 日本人の瞳の白目と黒目の比率は「1:1.5:1」と言われているが、同委員会の調査では、平均より黒目が大きい「1:2:1」の比率に女性の人気が集まり、男性からも「パッチリ大きな目」が好意的な意見が多く、「1:2:1」の瞳を「瞳の黄金比率」としている。そのため、暑苦しくないナチュラルメイクやすっぴんでも「瞳の黄金比率」をキープすることで、クールでかわいい「クール美s」が可能ではないかと提案している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top