【Interop Tokyo 2011(Vol.9)】OKI、100Gbps対応ネットワークを構築……国際標準IEEE802.3ba準拠 | RBB TODAY

【Interop Tokyo 2011(Vol.9)】OKI、100Gbps対応ネットワークを構築……国際標準IEEE802.3ba準拠

 沖電気工業は6日、100Gbps対応のネットワークを構築したと発表。

ブロードバンド 回線・サービス
ネットワーク構成図
  • ネットワーク構成図
  • ActivFlex 6500
 沖電気工業は6日、100Gbps対応のネットワークを構築したと発表。NTTコミュニケーションズとの協力により構築した同ネットワークは、通信速度100Gbps/40Gbpsのイーサネット国際標準規格「IEEE802.3ba」に準拠している。

 同ネットワークは伝送装置として、日本シエナコミュニケーションズの光伝送装置「ActivFlex 6500」を採用。8日から開催される「Interop Tokyo 2011」の「ShowNet」(会場内に巨大なネットワークを構築し、実際に運用するデモンストレーションネットワーク)において、NTTコミュニケーションズが運用するバックボーンネットワークとして用いられる。

 同社はネットワークサービス事業者の課題である、効率的なトラフィック伝送、運用・設備コストの削減、100Gbps対応ネットワークの構築を、「ShowNet」での運用実績を踏まえ提案していくとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top